社長あいさつ

cmanjp_20140510175729今も現役のつもりで電話の番人をしています。

私が工作機械メーカに入社した頃はドイツ製やアメリカ製の機械が幅をきかせ、展示会の会場を圧倒していた時代でした。

その頃、油圧を電磁弁で制御する単能機を製造するメーカに入社(伊勢湾台風の翌年1960年)、翌日から治具や刃物台、チャツクなどの設計をいきなり命じられ、どうしたものかと途方にくれました。上司に聞くのも「そんなことも判らんのか!!」と言われそうで、独力で数日かかって到達したのが、先輩が残している旧図、しかしちょうど当て嵌まる図面などわあるわけもなく、結果、えいや!!と1日の仕事量を1週間がかりで冷汗1斗。こんな訳でその頃の図面に出会うことが時々あり、その都度冷汗を出したものです。

以後も冷や汗の連続です、製造現場からは「おまえの仕事はやり難いからいやだ」と言われながら、当時ホンダが四輪車を出す頃のこと、関東地区担当(日立を主にホンダ、ニツサン、関連デ)12年間努めました。

その間、部品加工のツーリングからチャック治具、刃物台等のうち合わせ、設計から立ち合い、納入後のトラブル処理まで一慣して携わることができ、その時の恩恵で今も電話番でおられるわけです(でも時々私でなければわからない事があり現役社長を務めています)。

今思うに誠に我が儘だった技術者の卵を試作開発や専用機の開発などに携わる機会を与え育ててくれた会社と上司、先輩に心より感謝します。

社名にある「技術開発」の由来はサラリーマン時代に社内で特許を取ったのが最初で表彰された事、開発で食えないかな…の夢です。

今後とも、皆様方の一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 沖田良成(夢多き喜寿)

有限会社 沖田工業技術開発
〒445-0802
愛知県西尾市米津町種木18-1
TEL:0563-56-2307
FAX:0563-57-1553

加盟団体

西尾法人会々員

公益社団法人西尾法人会々員

詩吟の部屋
社長の趣味である詩吟の動画を公開しております。